こんにちは♡


STEPリーダーのしまっちです(´∀`)




IMG_20180606_141420
今日は近所のカフェで読書です♪




中学2年生の娘なんですが、
定期試験前でして、少々ピリピリムード💦




「勉強終わらない!時間が足りない!」

とボヤいています・・・。




学校の定期試験 と
自分が任意で受ける検定試験

ふたつの日程が近くて
ヒーヒー言ってる(;^ω^)




私の目から見て
ホントに大変そう・・・。




寝る時間を削って
早く起きて 勉強しているのを見ると、
時間を作ってあげたいなぁ〜💦
と思ってしまう。





勉強の合間に
娘の担当家事(お風呂洗いと湯張り)も
いつも通りにやってくれてるんですけど・・・





毎日、喉のところまで出かかって、
こう 言いそうになります。



「毎日の家のお仕事、
    試験が終わるまではママが代わるよ。」







でも・・・言わずにこらえています💦




子どもが自分でできることを
親が代わりにやってしまうこと・・・


わたしたちは生活のなかで 
けっこうやってしまっているものです。



「早く着替えなさい。」
「もう寝る時間よ!」
「歯磨きしたの?」
「ハンカチは持った?」






おせっかいをやきすぎたり・・・
過保護にしてしまったり・・・

それは  子どものやる気をそいで、
成長の芽を摘んでしまうのです。





では・・・

どうして親は子どもに
おせっかいをやきすぎてしまうのでしょう?

それが子どもの成長の芽を摘んでしまう
とはどういうことでしょう?




それを
STEPでは 第2章で詳しく学びますよ(´∀`)





そして

過保護な親 を卒業して

責任感ある親になるためには
どうしたらいいのか?


それも一緒に学んでいけますよ♪






親は子どもの能力を信じる✨

子どもの能力を奪わない✨


そのために何をしたらいいのかを
具体的に学んでいけます♪






わたしも・・・
娘のチカラを信じているので、
口出しせずに グッとこらえます・・・(´∀`)