おはようございます♡


STEPリーダーをしている
しまっちです(´∀`)



084Yamasha17103_TP_V



いまから14年前かなぁ〜



娘を妊娠して8ヶ月目のある日。

お腹がすごく張って、腰がガンガンに痛くて。




なんかカラダの様子がいつもと違う・・・?

と思って  タクシーで産院に向かい、

診てもらいました。





すると、陣痛が来てしまっていたんです。




でも胎児はまだ1600g・・・
このまま生まれてしまっては危険とのこと。





「このまま即入院で絶対安静。
    一歩も動かないで。
    車椅子を持ってくるから待ってて。」




とお医者様に言われました。




このまま生まれちゃったらどうしよう。

この子に会えなくなったらどうしよう。




待合室で車椅子を待っている数分間、

カラダが怖いくらい震えて涙が溢れて。







     神様。

     何もいりません。

     この子が元気で生まれてきてくれれば、

     わたしは何もいりません。

     元気に育ってくれれば何もいりません。

     お願いです、この子に会わせてください。







震えながら そう祈りました。



AMEd4s74_do_TP_V



その2ヶ月後。




ほぼ予定日通りに

無事に元気に生まれてくれました。

はじめて腕に抱いた娘。

ほんとうに愛おしかった。





それからは育児の波に翻弄され、

気がつくと 娘にたいして あれもこれも と

たくさんを求める母親になっていました。





何もいりませんって神様に祈ったのに、

わたしはなんて強欲な傲慢な母親だろうと

落ち込んだことも何度もありました。





いまもまだまだだし、

綺麗事だけではいかないこともあるけれど、

たまに初心を思い出そうと思います(´∀`)





わたしのところに生まれてきてくれて

ありがとう。