子どもに「学校に行くのイヤだなぁ〜」と言われると、ドキッ!としますよね。

そこでついつい、

子どもが学校に行きたくないなぁと思う気持ちを取り除いてあげたくなる

それは確かに親心そのものだと思います。



でもねわたしは、子どものその気持ち、取り除こうとしなくていいんじゃないかなぁ〜って思ってるんです。


2328331_s


子どもがね、『学校がイヤだぁ』と思うその気持ち。

それって、悪いことではないよなぁ〜って私は思うんです。

イヤだなぁ〜って思っちゃうんだもん、思うこと自体は仕方がないですよね。



学校がイヤ
学校に行きたくない

そう感じること自体は何も悪いことじゃありません。


みなさんが、
「はぁー、会社行くの面倒くさいなぁ。」
と、思うのと同じですよね。


もしそこで、親や旦那さんに、

「会社は行かなきゃ駄目だよ。」
「俺だってイヤだけど行ってるんだ。」
「何がイヤなの?それ解決すればいいじゃん。」
「そんなことがイヤなの?そんなの社会人みんなそうだろ。」

などど言われたら、どんな気持ちになるでしょうね。



わたしなら、

行かないとは言ってないじゃん。
行きたくないって言っただけ!
ただ聴いてほしかっただけなの!

って思ってしまうかもしれません。



そして、会社に行きたくないと思ってしまうこと自体に罪悪感を感じたり、みんなは頑張ってるのに弱音を吐いてしまう自分に対して無能感も感じてしまうかもしれません。


そして、

わたしはダメな人間なんだというネガティブ思考

が生まれていくような気がします。


283834_s


では、子どもが「学校に行きたくない」と話してきたときに、親に何ができるでしょうか。


説教したり、他の子と比べたり、大したことないよとなだめすかしたりせずに、できることはなんでしょうか?


ポイントは、

子どもの気持ちをそのまんま
ありのままに受けとめること

です。



『その子の感じたこと』を親は大切に大切に扱ってください。

『その子の感じたこと』をそのまんま受けとめてあげてください。

『その子の感じたこと』と『目の前のその子のカラダ』を丸ごと一緒に抱きしめるような感覚。



その子がいま『学校がイヤだ』って感じてる…ってことを心にイメージしながら聴いてあげてください。

そしてそのイメージしたことを、そのまんま言葉や態度に表してあげたら良いと思います。


「行きたくないって思うほど学校がイヤなんだねぇ。」

とか

「学校がイヤだけど、行かなきゃって思ってもいるから、どうしたらいいか困ってるのかなぁ?」

とか

そんなふうに、声をかけてあげられたらいいのかなぁ…と思います。



学校にスムーズに行けるように何をしたらいいか?は考えなくていいのです。

ただ、丸ごと受けとめるだけで大丈夫。



もし、なんて声をかけていいかわからないときは、言葉を無理に絞り出さなくても大丈夫。

優しくほほえんで、子どもの頭や背中を穏やかな気持ちでなでてあげるだけでもいいですね。

それだけでも、ママがその子を受けとめたいと思っていることは十分に表現できていると思いますよ。



親に感情を丸ごと受けとめてもらえた子は、それだけでも、だいぶスッキリするはずです。

自分が何に困っていたのかも、吐き出すことで少しずつ見えてきて、自分の問題は自分で解消できそう!っていう勇気も湧いてきますよ。



親は子どもの感じたことを、なかったことにしようとしないでください!

学校に行きたくないと感じてるその気持ちを、闇に葬り去ろうとしないでね!



子どもの気持ちは、そのまんま受けとめてあげたら大丈夫ですよ。


STEPリーダー
かたおかゆうこ