もし、いま、あなたのお子さんが「不登校」の問題を抱えていたら。
そのことで、もし、いま、あなたが困ったりモヤモヤしたりしていたら。


もう、そのことについてお子さんと会話をするのを、いったん一切やめてみませんか


4244297_s


「この子は学校に行けていない子だ。」

という意識でその子を見ることをやめてみましょう♪


「この子はどうしたら学校に行けるようになるのかな。」

と考えることや、あれこれ調べることをやめてみましょう♪



その子は、

「不登校している子」

という名前でも肩書でもないのですから。



その子は、

「あなたが一人の人間として尊敬する子」

なのですもの



いつも、その子のどんなところに注目していますか?

朝起きられないこと?
昼夜逆転していること?
スマホばかりしていること?
勉強しないでテレビばかり観てること?

もしそうだとしたら、そのような注目をやめてみることをおススメします



あなたの目の前にいるその子を、

「学校に行っていない子」

というフィルターを通して見なくてもいいんですよ



もしあなたがお知り合いの方にね、「〇〇ちゃんはどんな子なの?」とお子さんのことについて聞かれたときに、なんと応えますか~?

「学校に行ってないんだけど…」
「夜中に起きていて、昼間に寝ていて…」
「なんだかいつも機嫌が悪くて…」

そう言ってしまいそうになったら、そのお口はいったん、勇気をもってチャック!してみましょう。



そのかわりに、相手に、思いっきりお子さんの自慢をしてみませんか。


「笑顔がとってもかわいくて…

「ごはんをとてもおいしそうに食べる子なの

「ゲームをクリアするために自分でいろいろ調べられる子なの

「おしゃれに敏感でね…今どきの格好を服装に取り入れるのが得意なのよ

「親に口ごたえするときもあるけど…でもそれはね、うちの子が自分の意見をハッキリ持ってる子だからなんだ

「朝、おはようって声かけても、返事できないくらいにシャイな子なの優しいのよ。」

ってね!



あなたのお子さんは、

「学校に行けてない子」

っていう肩書じゃなくていいんですよ。
尊重され、尊敬される、とても尊いひとりの存在なのです。



あなたのお子さんのステキなところ…たくさん見つけてみてくださいね~。



STEPリーダー
かたおかゆうこ