今日から連休です〜

夫は仕事、娘は出かけたので、午前中は家でひとりで映画を観ていました。



なにを観ようかなぁ〜と探していて…。

編み物が好きなので、まず、このタイトルに惹かれました。

『彼らが本気で編むときは、』



生田斗真さんと桐谷健太さんが同棲しているカップル役。

そしてこの二人と、桐谷さん演じるマキオの姪のトモちゃん11歳が、ある日から急に3人で暮らすことになるのです。



あれ?男同士なのに『カップル』?

そうなんです。生田斗真さん演じるリンコは、男性の身体で生まれましたが、心は女のコ。

トランスジェンダーなのです。





 
ある日突然に母親(ミムラ)に出ていかれて、ひとりになってしまったトモ。

叔父であるマキオと、その彼女のリンコとの3人暮らしをすることに。

はじめこそ『元は男だったけど今は女性』であるリンコに警戒していたトモ。

しかし、実の母親以上の愛で包み込もうとしてくれるリンコに、少しずつトモの心に変化が…。



やがてリンコはトモを自分の実の子であるかのように大切な存在だと感じはじめ、正式に養子にできないか?とマキオに相談をする…そんなある日、トモの母親がひょっこり帰ってきて…。



トモが選んだのはリンコか、実の母親か…?

そして、そのときにトモが得たとってもとっても大きなものとは?


662923_s


個人的に、大好きなシーンがあります。


物語のなかで、リンコの過去が明かされます。  

彼女は、自分の心が女なのに身体は男であることに悩み苦しんでいました。中学生の頃です。

悩み苦しみ、泣いてふさぎこむ息子(娘?)にたいして、母親(田中美佐子)がかけた言葉。

そして、その後に母親がとった行動。

その言葉と行動に…心の底から感動しました。これ以上の勇気づけがこの世の中に他にあるだろうか?…と思わされたほどです。

こんなふうに母親に接してもらえたら、子どもは自分のことが大好きになって、自分を信じるチカラがぐんぐん育つんだろうなぁ〜と感じます。

こんな母親にわたしもなりたいなぁ〜と。

大号泣しながら映画をみました。
目が腫れました(笑)



ありのままの子どもを受け止めるということ。

そして、常に子ども本人が楽しい気持ちでいるか?子ども本人が自分を好きでいるか?に心を向けている子育て。

軸のある子育てとは、きっとこういうことなんだなぁと。
 
母親は、優しくて強いですね。



お時間あればぜひご覧になってください。

編み物好きな方にもオススメです。



STEPリーダー
かたおかゆうこ