2021年4月4日編集済

不登校のお子さんを持つママさんのお話を聴く機会がよくあります。

印象として…いつも思うのは、ほんとうに一生懸命な方が多いなぁということです。


222785_s


不登校のお子さんの問題に取り組むママ。学校に行けない子をなんとか学校に行けるようにしてあげたくて、色々取り組んでいるママ。

みなさんほんとうに一生懸命だと感じます。まじめで、がんばり屋さんな方が多いです。

母親である自分の時間や、自分がやりたい事を犠牲にして、子どもの不登校解消のために頑張っています。


・不登校支援のカウンセリングに通い
・学校の先生と面談し
・不登校のフリースクールの見学に行く


…などなど、

ありとあらゆる方法を試して、なんとか子どもの足が学校に向くように…と頑張っていらっしゃいます。


そして、そういった時間を作るためには、

・仕事の都合をつけるため上司に頭を下げ
・友達からのランチの誘いを断り
・行きたかった習い事をお休みし

…そんなふうに、来る日も来る日も、子どものために自分を犠牲にして頑張っている方が多いという印象を受けます。



わたしも…そうでした。だから、ママたちの状況とお気持ちもわかる気がしています。
 

hikikomori_toukoukyohi_girl

わたしもみなさんと同じようにもがき苦しみ、不登校問題に取り組んできた過去があるからこそ、不登校のお悩みをもつママたちにお伝えしたいことがあります。


それは、

ママが自分を犠牲にしているうちは、子どもの不登校は解消しない。

ということです。


自分を犠牲にしてでも頑張ることができてしまうママは、自分の本当の思いを、言葉や行動で表すことが苦手な方が多いように感じます。


ママが自分の本当の思いにフタをしていれば、その子どももやはり、自分の本当の思いをそのまま表すことがなかなかできなくなります。


ママが自分を犠牲にして頑張ってるのに、子どもが自分のしたいこと(逆にしたくないことも)を表現することはなかなか難しい。



ママが頑張れば頑張るほど、子どもは自分の本当の気持ちを解放することを遠慮します。

子どもはママが大好きだから、我慢したり苦しんでるママを差し置いて、自分だけが自由になることは選べないのだと思うのです。



不登校の解消にはね、

子どもが自分の感情を自由に安全に表現できるようになること。

が必要だと、わたしは思います。



だけど、

そのためにはまずママが、自分のほんとうの思いを出せるようになりたいのです。

・自分のほんとうにやりたいこと。
・自分がほんとうに感じていること。

それを勇気を出して少しずつ表していくこと。


2354818_s


不登校は、大好きなママへの子どもからの人生最大の愛のギフトだと思ってます。


不登校が、ママが自分を本当の意味で解放しないと解消しない問題なのだとすれば、これは子どもからのギフトなのです。


子どもが自分の人生をかけて贈ってきてくれているギフトなのです。



ママ。

もう自分を犠牲にしないで。
もう自分を大切にしていいんだよ。
これまでたくさん頑張ってきたから、
これからは頑張らないママでいてね。



それを伝えるために。

ママが自分を犠牲にすることを卒業しないと解消されない問題を、目の前に見せてくれているのです。

子どもが自分の人生をかけて。



自分のほんとうにやりたいことってなんだろう?
自分のほんとうの気持ちってどんな?

わたしも、それに気づけるまでに長い時間がかかってしまいました。

いまもまだ手探りですけれど、だいぶ前よりは自分を解放できるようになってきた気がしています。



そうしたら…。
けっこうね、娘も自由になってきました

ありのままのわたしたちに、少しずつ近づけているのかな…そんなことを感じます。


 
STEPリーダー
かたおかゆうこ