いまを生きる。

……というタイトルのハリウッド映画があります。観たことがある方もきっといると思います。

わたしも学生の頃に観たことがありましたが、昨日久しぶりに観てみました。

親になった私が改めて映画を観てみると……後半はタオル抱えて泣きっぱなしでした。


--------あらすじ---------

全寮制で厳しい規則に縛られ、勤勉かつ品行方正な生活を大人から期待され続ける子どもたち。

子どもたちが窮屈な学生生活を過ごしているその学校に、ある日、ひとりの型破りな教師が赴任してきます。

それまでに見たこともないような破天荒な授業の進め方に、子どもたちははじめは驚き、ときに抵抗も示しますが、次第にその教師のやり方と考え方に惹かれていきます。

規則を守ることや、将来のために勉強することばかりを親と学校に強いられ、そして自分自身もそれが最良の学生時代の過ごし方だと信じてきた子どもたち……。

彼らはそこに疑問をいだきはじめます。そして『自分の心が本当に感じてるもの』や『自分が本当に欲していること』に気づきはじめるのです。

そして、勇気のある一歩を踏み出した子どもたちに、ある大事件が起こり……。

---------------


3413933_s


そんなストーリーで進む物語です。


・その教師が、型破りな授業を通して子どもたちに発信していたメッセージは何だろうか?

・彼らはそれぞれに何を受け取ったのか?

・子どもたちがはじめて自分の心の声に従って勇気のある一歩踏み出す……それを見届けるわたしは何を感じたか?

・人生の豊かさってなんだろうか?

・わたしはほんとうに我が子の心の声に耳を傾けているだろうか?

・いまを生きる。ってなんだろう?



そんなことを考えました。

You Tubeやアマゾンプライムビデオなどで、300円ほどで視聴できます。ぜひ時間を作って観ていただきたい名作です。




STEPリーダー
かたおかゆうこ


■STEP参加者募集中■
‌イライラしない子育てを学びたい方
‌もっと楽しく生きたい方

◆STEP7期 第2水曜コース@佐倉市志津
 9/9(水)スタート♪ 残席4
◆STEPティーン 第4水曜コース@佐倉市志津
 7/22(水)スタート♪ ⇒ 開講延期につき募集継続中
 残席1

お問合せ STEPメンバー募集


■ご相談・お問合せ■
子どもが自分で起きられない、勉強しない、会話がない・・・。不登校・・・。つい怒ってしまう・・・。様々なお悩みが寄せられていますお気軽にどうぞ
子育てのお悩みやご相談はこちら