こんばんは。
かたおかゆうこです。

ここ2週間ほど前から、窓をあけると新生児だろうと思う赤ちゃんの泣き声が一日中聴こえてくるのです✨
  3274424_s

生まれて間もないであろう赤ちゃんの泣き声。昼も夜もなく泣いています。

泣き声を聴くだけで、も〜うかわいい✨

どんなお顔で泣いてるのかな。どうして泣いてるのかな。おっぱいかな、眠いのかな、ゲップがうまくでないのかな。

そんなことを勝手に想像して、思わず笑みがこぼれるこの頃のわたしです。



わたしが娘を出産した16年前は、そんな心の余裕なんてもちろんなくって…。

娘が泣き始めるとため息がでました。

「あー、また授乳かぁ…。さっきから1時間半しか経ってないじゃん〜。おっぱいの出が悪いのかなぁ。足りてないのかなぁ。眠いよー。寝たいよー。なんでわたしばっかり〜。」



もう意識もうろうとしながらの、四六時中の授乳。ゲップがうまく出せない子だったので、寝かせようとすると胸が苦しいのか激しく泣き出します。

わたしも少しでも睡眠を確保したかったので、とにかく寝てほしくて、娘を寝かすのは常に縦抱っこの状態。

抱っこしたまま、わたしはソファに座って仮眠しました。娘が3ヶ月になるまで、わたしは布団で寝たことはありませんでした。



なんかもう、いつも睡眠不足でフラフラで。子育てはこんなにも過酷なんだ…と気が遠くなってました。

かわいいと思う瞬間もたくさんあったけど、でもやはり、「またか」「ねれない」「どうしたらいいの」「なんでわたしばっかり」っていう思いをいつも味わいながらの子育てでした。



いまね、ご近所のまだ見ぬ赤ちゃんの泣き声を聴きながら、この記事を書いています。

赤ちゃんを産んだばかりのわたしがもしSTEPを知っていたら、もっともっと0歳の赤ちゃんの子育てを楽しめただろうなって思います。


STEPを学んでいるゆうこ母さんは、赤ちゃんを産んだばかりだけど……、

・生まれたばかりの赤ちゃんも当たり前に「ひとりの尊重されるべき存在」って思っていて、

・誰の問題か?を意識して赤ちゃんと接しているから、おっぱいやミルクを飲む量もタイミングも赤ちゃん自身にまかせていて、

・(当時の)夫に対しても自分を犠牲にすることなく思っていることを伝える努力をして、

・寝返りやハイハイや歩き出すタイミングも赤ちゃんにまかせているし、周りの意見も参考程度に受けとめている。

そんな「軸」のある子育てをしていたのではないかなって想像します。



でも実際には当時のわたしはまだSTEPを知らなくて、体の発育やミルクを飲む量などすべてに一喜一憂していました。ストレス溜まってたと思います。

眠れない!眠たい!なんでよ!って怒りに似た感情でいっぱいだったしね。



あの頃のわたしは、赤ちゃんを自分の思い通りにしようとしてたなぁ〜って思います。

乳飲み子の頃は……飲んでよ!寝てよ!
歩きだせば……そっち行かないで!転ぶでしょ!
行動範囲がさらに広がると……はい!散歩の時間!はい!昼寝の時間!行くよ!寝てよ!


なーんか、ぜんぶわたしが決めてたなぁ。いま考えると切なくなる(苦笑)。
あんなに必死に子どもをコントロールしようとしてたなんて。



赤ちゃんも、ちっちゃい子も、当たり前に「尊重されるべき人格」であるのに、わたしは自分の思い通りに動いてもらうにはどうしたらいいかってことばかり考えてた。

あはは。だからうまくいかなかったんだ(笑)
うまくいくはずないよね。だって、赤ちゃんとわたしは別の人格。

お互いを尊重してはじめて、そこに信頼関係が生まれて、お互いに協力しあえるのですもの。



娘が生まれたばかりの頃に、時計の針を戻したいなぁってたまに思います。

今のわたしなら、どんなふうに赤ちゃんだったあの子の成長を穏やかに笑って見守れるか。

もったいなかったなぁ。はー、もったいなかった!!(笑)

かわゆい赤ちゃんだった娘の成長をもっとたのしみたかったーーー!!!(笑)



だから。

特に、まだ小さい子のママには早くSTEPを知っていただけたらな♡って思ってます。

STEPを学んでから、子どもが今まで以上にかわいくなった♡早く子どもを迎えに行きたい♡っておっしゃるママ、多いんですよ〜。

子育てがたのしくなっちゃう魔法です♡



STEPリーダー
かたおかゆうこ