こんにちは。
かたおかゆうこです。


みなさまは、おうち時間をどんなふうに過ごしていますか。


わたしは、ここぞとばかりに、手芸三昧です(笑)


娘の中学校の制服をリメイクバッグに

新しいキレイな布を買ってきて、なにかを作るのも好きですが、おうちにあるものでいろいろ作るのが得意(?)です。


リメイク、っていうことですね。


子どもや夫の着られなくなった服などを、バッグやポーチなどに作り替えて、思い出とともに、持ち歩くのが楽しいのです。


IMG_20200423_093844

先週は、この娘の中学校の制服を、トートバッグにリメイクしました。



IMG_20200423_121358

IMG_20200423_124143

丁寧にほどいて解体!

この時点で、どれくらいの布がとれるか、ポケットやファスナーなどリユースできるパーツがあるか…を確認して、作品のデザインとサイズをおおまかに決めます。


IMG_20200424_194433

後ろ身頃を本体に。
バッグの持ち手は、プリーツスカートからとりました。


IMG_20200425_125236
 
完成〜♬

肩がけ出来る長さの持ち手にしました。
大きさはA4の書類の頭が少し、はみでるくらいかな〜。


IMG_20200425_130245_524

制服の上着のポケットを内ポケットに再利用しました。

バッグの中で、鍵をいつも探してるので(笑)、キーフックも装着!


制服をリメイクして感じられた、娘の3年間のがんばり。

娘は小学校時代に、4年間以上の不登校&引きこもりを経験しました。小2の秋から小6の3学期まで、不登校でした。


小6の2月から少しずつ登校しはじめましたが、その時に久しぶりに押し入れからひっぱりだしたランドセル(交通安全の黄色いカバーもついたままで…)があまりにもキレイでピッカピカで…。


6年生が使っているランドセルとは思えないほどの、キレイさだったんです。


だから…今回、中学校の制服の縫い合わせてある糸を、ほどいて解体していく作業は、とても楽しくてあたたかい気持ちになったんです。


なぜかというとですね、少しずつほどいていくうちに、

■上着の裾から大量の砂がでてきたり(なぜ。笑)
■ポケットの奥の方からコッソリとイミテーションの指輪がでてきたり(学校に持っていってたの!?笑)
■右の袖だけがやたらとテカテカになっていたり(たくさん勉強してたもんね。)

そんな発見があったりして、少しだけですけれど、あの子の3年間の中学校ライフを垣間見ることができた気がして、楽しかったんです。


不登校を克服し、中学校を卒業した娘の制服が、砂まみれだったり、テカテカだったりすることは、わたしにとっては本当に「勲章」そのものに思えて。


3年間、よく頑張ったなあ…と改めて感じました。


制服から出来上がった大満足のトートバッグ。大事に長く使おうと思います。




STEPリーダー
かたおかゆうこ