おはようございます✨




子どもの主体性を伸ばせる親になろう!

STEP勇気づけセミナーのリーダー
かたおかゆうこです💓




子どもが
社会の中で生きていくために

みなさんはきっと
マナーや礼儀などについても

親として一生懸命に 
子どもに伝えているんじゃないかなぁ?
と思います




わたしもそうでした。




こんにちは
ありがとうございます
ごちそうさまでした
さようなら




などなど。




ことあるごとに子どもに

「ちゃんとした挨拶」

をするように
指示していたときがありました。





ほら、「こんにちは」は!?


こういうときは
「ありがとう」って言うんだよ!


バスを降りるときは運転手さんに
「お世話様でした」でしょ。


食べ終わったら手を合わせて
「ごちそうさまでした」だよね。




昔のわたしは
そんなふうに
子どもに ひとつひとつ
教えこんでいました。



20191031_095239_0000


もし あなたが

お子さんとの関係
そのものについて悩んでいる

または

お子さんの不登校や
反抗期などについて困っている

としたら、




子どもへの指示・命令を
今日からすべて
やめてみることを
オススメします✨




挨拶しなさい

も 例えば そのひとつ。




もう
言わなくていいです✨




これは
子どもとの全ての問題を
解決するための基本です✨




あなたの子どもを

あなたの思うとおりの
人間に作り上げようとしている

そのことにまず 
気づきませんか✨





子どもと親は 別人格です。




子どもは
親の理想を叶えるために
ココにいるのではないのですよ✨




もっと言うと
例えば  子どもが


ありがとう も言わない
ごちそうさま も言わない
こんにちは も言わない


として、

そして もし それを
誰か他人に非難されても、




親であるあなたの価値は
なにひとつ変わらないのですよ✨




子どもの一挙手一投足が
親としてのあなたの価値を
決めているのではないのです✨




だから
安心して今日から

子どもに指図することを
すべてやめてみてくださいね✨




朝、起きなさい」も、
夜、「宿題やったの!?」も、
寝る時間に、「もう、寝る時間よ!」も、




ぜんぶ
言わなくて大丈夫✨




言わなくなったら
どうなるか!?




子どもは
何もしなくなるんじゃないか!?




まずはぜひ
やってみてください✨




きっとあなたに
大きな気づきが訪れますよ✨