こんにちは!


子育てのイライラをなくしていこう!
STEP勇気づけセミナーのリーダー
かたおかゆうこです



今月おこなったSTEP4章の学習会


メンバーさんからステキな体験をお聞きしたのでご紹介します



IMG_20190827_172825



幼稚園児の娘さんが、先生にお手紙を渡したそうなんです


そのとき先生は、受け取ってはくれたものの、その場では読まずに、すぐに横に置いてしまったらしくて。


その出来事をママに話してきてくれたんですって。





「いつもの私なら、『先生は忙しいんだから仕方ないよ。』と娘に声をかけていたと思います。」

とママさん。



でも、そこでピンと来たのですって

‌反映的に聴くのは今だってね



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



反映的な聴き方を、STEP4章で学習します。



☑先生は忙しいんだから仕方ない、と諭す。
☑きっとあとで読んでくれたよ、となだめる。
☑先生が時間があるときに渡せば?、と解決法を伝える。



そういった受け答えは、実は逆に子どものやる気をそいでしまう…ということについても学びます。



では、反映的に聴くとはどんなことでしょう?




反映的に聴くとは、親が、子どもの気持ちを鏡になって映し出していくことです。



子どもの感じていることをそのまんま受け止め、親が言葉で表現してあげるだけでよいのです。


そうすると子どもは、自分の問題に自分で前向きに取り組んでいけるようになります。



mail



さて、このママさん。
 

『先生は忙しいんだから仕方ないよ。』という言葉を飲みこみ…。

こんなふうに反映的に聴いてみたそうです。




「そっかぁ〜。○○ちゃんは、先生にその手紙を読んでほしかったんだよね!」





そうしたら娘さんが嬉しそうに、

「そうなの!読んでほしかったの!」

と。そして、そのあとに、

「次はすぐに読んでもらえるように、封筒に入れないでそのまま渡してみるね!」

と話してくれたそうです





子どもには自分の問題に取り組んでいくチカラがあります




自分で解決しようというチカラ(やる気)を引きだしてあげるのか

それとも、先回りして親のやり方を押しつけてしまうのか


どちらが良さそうですか❤




このママは、

「娘のスッキリした顔を見れました!反映的に聴くってスッゴイ気持ちいい!」

と笑顔で話してくれました




■子育ておしゃべりカフェ■
8月はお休みします
過去開催の様子はこちら


■STEP無料体験レッスン■
9/15㈰、10/20㈰

STEPを体験しませんか
毎月第3日曜日にユーカリが丘で開催中
お申し込みと詳細はこちら


■STEP参加者募集中■
・STEP 日曜/月1回コース 
 あと1名集まり次第、スタート
・STEP 水曜/月1回コース 
 10月16日㈬スタート予定

そのほか、「秋から受講したい」「来年度に受講したい」…など、さまざまな方が受講をお待ちです。お気軽にお問合せください
お問合せはこちら
STEP勇気づけセミナー詳細はこちら


■ご相談・お問合せ■
子どもが自分で起きられない、勉強しない、会話がない・・・。不登校・・・。つい怒ってしまう・・・。様々なお悩みが寄せられています

子育てのお悩みやご相談はこちら
お気軽にどうぞ