おはようございます。

STEP勇気づけセミナーの
プログラムリーダー
かたおかゆうこです♪


寒いですね〜。
夫はすっかり風邪をひいてしまったようです💦

みなさんもお気をつけて・・・。



machi160224120I9A0755_TP_V



さて♪






「だるいから学校休みたい」
と娘が言ったときに

わたしがどう対応したかを
前回のブログに書きました〜。







ズル休みかもなぁ〜💦

と親が感じたとき



どうしたらいいんだろう〜?
って思いますよね。






どこが具合悪いの?

学校で何かあったの?

休む理由は何?



つい こんな風に
聞きたくなりますよね。






でもね実は

こんな風にあれこれ
問い詰めるよりも

子どもの言動の目的を知る

ことがとっても大切なんです〜。






学校を休むというやり方を使って

この子が 
達成しようとしている
目的は何か?

ってことをね☆






ウチの娘の目的は

学校休みたいと言って
親を困らせたりイライラさせることで
親の気を引く

ことだと わたしは見分けました。

(子どもの目的を見分ける方法は、
STEP体験会でご紹介しています♪)






こんなときの親の対応には
ポイントがあります✨






このような

好ましくない方法
(=学校を休む)

で子どもが親の気を
引こうとしているときは

その手には乗らない

ことが ポイントです。






その手に乗ってしまって、


どこが具合悪いの?

学校で何かあったの?

休む理由は何?


と反応してしまうと
子どもの言動(=学校休む)は
さらに強くなります。






つまり

学校を休みたい
という日が 多くなっていきます。

(過去に実体験済w)






ですから ここでは

いろいろ言いたいのを

グッとこらえて
過度に反応しない

が効果的な対応です♪






「だるいから学校休みたい」
と子どもが言うなら

それは子どもが
自分で決めたこととして

親はただ受け止める。






だるいから休むんだね。
そうか、わかったよ。


と優しく毅然と話して、
この件はこれで終わりです。



AME_3J0A2466_TP_V



そして わたしは
「学校休みたい事件」を通して

わたしがいま取り組むべき
親子の問題を見つけました。






それは

最近わたしが忙しくて
娘の話を聴いてあげていなかった。

ということ。






そう。
前回のブログに書いた

「学校休みたい」
の裏にある本当の問題

というのがコレです。






学校休む→目先の問題

娘の話を聴いてあげていなかった→本当の問題

なんですね〜。



ーーーーーーーーーーーー

コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。