こんばんは(´∀`)

STEPリーダーのしまっちです。



スマホで昔の写真を眺めていたら、
いまはもう中学生になった娘が
まだ保育園児だった頃のこんなものが・・・


IMG_20180713_211128


ママとずーっと一緒にいる!
結婚する人は、ママと同居でいいよって
言ってくれる人にするから!


娘はいつもそう言ってくれました。
懐かしいなぁー。



ママだいすき!
ママかわいいね!



いつもそう言ってくれる子でした。





なのに 当時のわたしは
いつも怒ってばかり・・・



子どもに優しくできない自分のことが
大嫌いでした。




優しく、楽しく、穏やかに暮らしたい。
そう願っているはずなのに・・・。




子どもがぐずったり ワガママ言ったりすると
どうしていいかわからなくなりました。


お菓子を買ってとねだられて、
買ってあげることはいくらでもできるけど、
でもなんでもいつでも買ってあげては
この子のためにならないんじゃないか?

とか、

優しく接してあげたいのに
他のおウチのママさんの厳しい対応を
目の当たりにすると やっぱりウチも
厳しくしなきゃダメなんじゃないか?

とか、

そんなふうに揺れてばかりでした。




自分の「軸」がなかったから。




揺れた結果、
わたしがいつも辿り着いたのは、

どうしたらいいかわかんないから
とりあえず厳しくしておけば間違いないか

という着地点。




そして娘に厳しくするっていうことが
どんどんエスカレートして、気づけば、
怒鳴る、叩く、けなす、など
わたしの対応は本当に酷いものでした。






夜、娘が寝てしまってから、
娘の枕元でどれだけ泣いたかわかりません。


ごめんね、優しくないママでごめんね。

って、
寝顔に向かって
どれだけ謝ったでしょうか。

叩いてしまった娘の顔を撫でながら、
一晩中謝り続けたこともありました。




なのに・・・
新しい一日が始まれば また怒ってばかり。







その頃から・・・
このままではダメだ!と
わたしの育児に対する取り組みが始まり、
いまに至ります。







子どもの寝顔を見て泣いていたり、
子どもの寝顔に向かって謝ってるお母さん

いますか?




心配いらない。
もう大丈夫ですよ。



一緒に学びましょう。




学んで知っていきましょう。
知って実践していきましょう。




未来は
優しく穏やかでキラキラしていますよ✨





あの頃のわたしに言ってあげたいんです。

泥沼だった育児から這い出すために
やっとの思いで辿り着いたSTEP。

よく見つけたね。
よく辿り着いたね。

でかした!!!  ってね(´∀`)



勇気づけを知ってもらって、
ママさんたちの気持ちが少しでも軽くなると
いいなぁ~と願っています✨